抑毛ローションは使い方に工夫することでその効果を高めることが出来ます
抑毛ローションをより効果的に!

抑毛ローションにおける失敗例!

一般的に体毛対策を行っていく上で抑毛ローションは最も危険性の少ないモノなのですが、それでも使用において失敗したケースは存在しています。
その中の大きな原因として手製の抑毛ローションにまつわるモノと言えるでしょう。

手製のローションは豆乳やレモンなどの自然の成分を用いて作っていく分けですが、工場における製造と比べても殺菌がとても疎かになりがちです。
つまり、自分で作っていてはどんなに材料に気を使っていても真空状態などの環境をつくることが出来ないために、必ず加熱してアルコールなどの消毒液を入れなければならなくなりません。

天然成分は空気に触れることによって腐敗が進んで行くことが多いので、手製の場合は長期使用が適さないことも多いのです。

また、揮発性の高いアルコールなどが配合されることで、皮膚が敏感になって荒れることも大いに考えられるでしょう。さらに、腐敗した成分も皮膚に痒みを与えるなど悪影響を及ぼしますので抑毛どころではなくなります。

このように抑毛ローションによる失敗は意外なところに転がっていて、出来る限り肌に優しいながらも長期保存が可能な市販品をセレクトするようにしてください。
不十分な知識は時として自分に害を与えるでしょう。

ページの先頭へ戻る