FX 比較する前にロスカットについて知っておこう

FX 比較する前に、基本となる取引方法や手段を学ぶためにも、初心者はまずデモトレードでしっかりと取引方法を学ぶ必要があります。実践では実際に自己資金が動くことになりますので、FX 比較をする前に基本事項をしっかりと身に付けておく必要があるからです。初めての方はまず少額での取引をおすすめしますが、慣れてきたら少しずつレバレッジをかけながらの取引を行っていきましょう。この時、非常に重要視しておかなければならないのが、ロスカットと呼ばれるものです。

ロスカットは、含み損が大きくなり過ぎた場合に決済するシステムで、FX会社がコンピューターで制御し、自動的に行われているものです。顧客側はロスカットがあるおかげで証拠金以上の損失を防ぐことができ、FX業者は損失補てんなどの作業を行わなくても済むため、FX取引においてもはや常識のシステムです。

ただし、このロスカットにはロスカットレベルというものがあり、証拠金の割合によってロスカットが発生します。ロスカットの利点は前述した通りですが、デメリットはその後うまく好転する可能性さえカットされてしまうことです。また、ロスカットレベルは業者によっても異なってきます。便利な反面注意しなければならないこともあるので、よく確認をしておくようにしましょう。